So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

「早春淡墨桜浪漫ウオーク」に行く [スポーツっていいな]




「そのまま左にぐーっと倒してみましょー」




s-IMG_5717.jpg


「つぎは右でーす」




s-IMG_5718.jpg




さかのぼること30分前。




s-IMG_5719.jpg


「お願いします!マスターワイです!初心者です!」



s-IMG_5724.jpg


「第20回 早春淡墨桜浪漫ウオーク」

愛知県一宮市(真清田神社)から
岐阜県本巣市根尾(淡墨桜)までの60キロコースと、
途中から同コースに合流する38キロ、28キロ、
18キロ、13キロ、5キロの計6コースを設定する。


▢38kmコース 出発地[岐阜県瑞穂市民センター]
 08:15 受付開始
 08:45 出発式
 09:00 出発
 18:30 ゴール〆切

※参加費1,500円




s-IMG_5739.jpg



「ネタの為だけに60キロを選択するのはやめてくれ」
SUZUさんの猛烈な反対にあってオレたちは
38キロコースにトライすることになった。

もちろんそんな距離も歩いたコトはないけれど
観光しながらのんびりダラダラ歩いてみようと
参加してみたのだ。



s-IMG_5749.jpg


パカーン!(号砲)


マスターY
「すごい!SUZUさんがわれ先にとヒトを押しのけてる!
 こんな積極的なSUZUさん初めて見るわ!」

SUZUさん
「平地なら大丈夫。いけます。
 ワタシがペースを作りますので皆さんは
 そのままついてきてください。」

おーっカッコいい!




s-IMG_5755.jpg



参加者名簿を見るとさ
全国から愛好者が集まってんだよな。







s-IMG_5761.jpg


年配のヒトはモチロン、
若いグループや女性の集団もあってにぎやかだ。



s-IMG_5776.jpg


たったったったっ。

背後から軽快な音。


支配階級
【60族(ろくじゅうぞく)】だ。

刺繍入りの特別ゼッケンが作りだす秩序。

プラスチック製のワッペンが雄弁に語りかける。

「キミは?ふーん、【さんじゅーはち】なのか?
 そーか、そーか。
 わかってるかもしれんがワタシタチはキミたちより
 22キロ多く歩いてるからな。」


一宮市を6:30にスタートした【ハガネの軍団】が
オレたちをわんさか抜かしてゆく。
すげー!みんな走ってるじゃん!?
ナニコレ?歩かないの?




s-IMG_5779.jpg


標識やヒトを配置してあるから迷うコトなし。




s-IMG_5784.jpg


おっ、カッコいいな。
近くに廃線跡とかあってさ
ちょっと寄り道。



s-IMG_5790.jpg


農道をゆくかと思ったら普通の公道なんだな。




s-IMG_5798.jpg


チェックポイント
「富有柿の里(ふゆうがきのさと)」

無料の給水所あり、干し柿や焼きもちも販売(100円)



s-IMG_5806.jpg


マスター
「60キロのヒトたちはすごいですね!
 これは普通にマラソン大会じゃないですか?」

確かにまぶしいヒトたちじゃ。




s-IMG_5808.jpg


オレたちはのんびりいこーぜ。



s-IMG_5815.jpg


「おつかれさまでーす!お茶どーぞ!」

おーっアリガタイ!
沿道の皆さんのご支援あり。



s-IMG_5820.jpg


SUZUさん
「ぜぇぜぇ・・・ご、ご飯にしましょう。
 ゴ、ゴホゴホ!」




s-IMG_5825.jpg


この河原がいいじゃん。
シートを広げて
さぁボイルボイル!お湯わかそーぜ!




s-IMG_5827.jpg


「ふぅーっ、はふはふ、はふはふ」

あれ、
ヘルシーなヤツじゃないの?

SUZUさん
「あんなくそマズいのはラーメンじゃないです!
 やっぱりコレです。
 ラーメンはカロリーがイノチなんです!」

なんじゃそりゃ。






s-IMG_5828.jpg


あーキモチいー!(大の字)

 マスター
「こりゃ遠いな~!
 まだ半分もきてないですよ。」

何よりみんなメチャマジ歩きじゃない?
想像と違ったよなぁ、途中でどっか寄ったり
ゆるーいカンジじゃないもんな。

「こんなトコでメシをのんびり食べてるのは
 オレたちくらいですよ、
 もしかしたら急いでいかないと
 時間内につかないんじゃないの?」

なんかお湯沸かす為だけに2リットルの水を
背負ってるSUZUさんがアホに見えてきたわ。



s-IMG_5834.jpg


SUZUさん
「さ、さぁ、参りましょうかの・・・(ヨロヨロ)」

こりゃもうダメだな。



s-IMG_5838.jpg


おっ、
樽見(たるみ)鉄道だ。




s-IMG_5845.jpg


SUZUさん
「ぴ、ぴろぽろろーん、」(※意味不明)
ペースが一気に落ちてしまった。
時が止まったようだ。




s-IMG_5848.jpg


あれ、携帯に電話だ。
えっ?SUZUさん!?
ナニナニ?あら!いつの間にかあんな遠くに!

SUSUさん
「もしもし、
 申し訳ありません。リタイヤです!」

えーっ!?




s-IMG_5853.jpg


最初のイキってたヤツは何だったのか・・




s-IMG_5856.jpg


巡回車が疲れちゃったヒトを拾って
最寄りの駅まで送ってくれるんだってさ。
こりゃラクチンだよね。


よーし
こっからはオレたちもマジウォークしてみようぜ!



s-IMG_5859.jpg



うおーっ!
さんじゅーはち族の逆襲じゃーっ!
ろくじゅー族をじゃんじゃんぬいてやるぜぇー!

ごぼうぬきごぼうぬき。ウケケケケケ!



s-IMG_5866.jpg

 

な、なにーっ!
マスター!オレをぬくぅー!?

ぬぬぬー!
負けん、オレは負けられん!

ブーストオン!加速ごーっ!
ぐうぉー!

オレとマスターの意地とプライドがぶつかり合う!

な、なんかカラダが浮いてきたぞ!
(たたたたたたたっ)

気がつくとオレたち二人はいつの間にか
走っていた。


なんだこれは人類の進化か?
あまりにスピードを上げすぎて
いつの間にか走り出していたのだ。

(あかん、アホみたいに走り出してしまった・・・
ぜえ、ぜえ・・・キツイ!メチャメチャキツイ!)

誰か!止めて!マスターを止めて!
お願い!

なんじゃもんじゃさまぁぁぁ!


ピキーン!

おばちゃん
「はいはい!お疲れさま~!
 止まって止まって~!
 お茶飲んでいってくださ~い!」

た、たすかった~!






s-IMG_5879.jpg


んぐんぐ・・・
こいつはうまいな!



s-IMG_5880.jpg


オレはさっきの不思議な出来事をお母さんたちに話した。

「そりゃアンタ、【よーりょく】だよ。(揚力?)
 死んだじーさまから聞いたことがある!
 ここいらの村あたりで、あまりに速く走ろうと
 カラダをこう、前のめりにし続けるとな、
 空気の流れか何かで
 カラダが浮くんことがあるんじゃ」

「そうそう!あれじゃ、ヨウハチのトコのキスケが
 あまりにはよう走りすぎてそのまま
 空に飛んでいってもうて帰ってこんゆうハナシじゃったわ」

「そげなことにならんでよかったなぁ」

あはははは!面白いコトいうなぁ!
ねぇ?マスター?
あれ?マスター?どこ!?
マスターぁ!

まさかこれが【よーりょく】?
とんでいってしまったのか・・・



もういい!
あと少しだ!
オレはやる!一人でやりきってやる!



s-IMG_5882.jpg


へっ!こんな橋!
どうってことないぜ!

う、うわーっ!
(ジャボーン!)
た、助けてぇ!ブクブクブク・・・・



s-IMG_5885.jpg


ずぶ濡れになりブルブル震えるオレの前に
二人の天使が現れた!

「がんばってくださーい!」
「あと少しでーす!ハイターッチ!」

可愛らしい女のコと触れ合って
オレはまた立ち上がる。





s-IMG_5893.jpg



17:30
旅の終わり。



s-IMG_5896.jpg



「あんた、60じゃないの?
 さんぱちはあっちあっち」

がんばってゴールしても
【さんぱち】は【さんぱち】でしかない。


オレは思う・・・
牛丼を食べるのに「大盛」を頼むやつが偉いのか?
「並盛」では食べたことにならないというのか?
牛丼のおいしさになんの違いがあるというのだ。





s-IMG_5898.jpg


偉大なる精霊よ、
アンタは立派すぎちゃってさ、
オレなんかには「なんじゃもんじゃの木」の方があってるぜ。





s-IMG_5904.jpg


さぁ、帰ろう。
ワイフが家で待っている。





s-IMG_5907.jpg


シツレーしまーす。
うっ!
なんだ?この重苦しい空気は。
これは負傷兵輸送列車か?・・・


この前のヒト・・・・
なんかSUZUさんに似てるな・・・
いや!SUZUさん!
SUZUさんじゃねーか!

SUZUさん
「おーっ!会いたかったですよ!」

オレもだよ!SUZUさん!
あのさマスターがさ、よーりょくってやつでさ、
ホントに飛んでったんだよ!
信じられないよ!
それでさ、それでさ

ガタンゴトン!ガタンゴトン!
ガタンゴトン!ガタンゴトン!******






             おしまい。








翌朝からオレにおこった「肉体の崩壊」については
恐ろしすぎてここには書けない。











前の1件 | -